邪神大神宮 道先案内(ナビゲーション)
鳥居(TOP)斎庭(総合メニュー)>万邪神殿






これより先は当神宮でお祀りしている神々の坐(いま)す神殿です。
各神殿名をクリックするとその神殿に参拝することができます。
また、各神殿入口手前には御祭神と御祭神ゆかりの地、
御祭神の簡単な御由緒を掲げております。
どうぞごゆっくりご参拝下さい。




紅葉宮
(もみじのみや)

御祭神:紅葉(モミジ)
長野県戸隠村、鬼無里村周辺
平安時代に退治された第六天魔王の申し子たる鬼女。
悲しい伝説の残る絶世の美女で、謡曲「紅葉狩」にも謡われる。



パウチカムイチセ
御祭神:パウチカムイ
北海道
アイヌの神話・伝説に見られる淫魔で、男女入り乱れて裸で踊っている。
人間の男女を誘惑し踊りの輪に加えて連れ去るので、村を滅ぼすものとして恐れられた。




土蜘蛛宮
(つちぐものみや)

御祭神:土蜘蛛(ツチグモ)
宮崎県、熊本県、長崎県、佐賀県、大分県、福岡県、
奈良県、大阪府、兵庫県、京都府、北陸地方、茨城県、福島県

初期大和王権に反抗的だった各地の土着民。中世以降は、大蜘蛛の妖怪とされた。
女性あり、山の民あり、海の民あり、地方の大首長と思しき者ありと、多彩。





以下、奉祭予定の神々


荒覇吐神
──アラハバキノカミ──
青森県津軽地方、宮城県多賀城市、東京都あきる野市ほか
古代蝦夷が崇めた最高神ともいわれる当神宮の主祭神。
縄文時代の遮光器土偶はその神像とも。


天津甕星(甕星香香背男)
──アマツミカボシ(ミカボシカカセヲ)──
茨城県日立市
日本書紀において「天の悪神」と呼ばれる金星の神。
出雲ほかの国津神を悉く誅した武御雷神・経津主神も倒せなかった邪神中の邪神。


両面宿儺
──リョウメンスクナ──
岐阜県飛騨地方
朝廷に征伐された、円空作の傑作彫刻が残る怪力異形の飛騨の古代神。
一方で神武天皇に位を授けたともいわれ、周辺の超古代遺跡とも相まって謎が深まる。


お雪
──オユキ──
東京都青梅市ほか
小泉八雲の作品にも登場する雪女。
妖しくも悲しい伝承の裏には山の神、水の精霊の零落した姿が。


このほか、

羽白熊鷲
──ハシロクマワシ──


夜刀神
──ヤトノカミ──


玉藻前
──タマモノマエ──


鞍馬天狗(魔王尊)
──クラマテング(マオウソン)──

沼御前
──ヌマゴゼン──

等、数多の神々を奉祀予定

斎庭へ戻る 道先案内へ戻る